そこそこ忙しいけど楽して生きたい

アラサー独身自分大好き。やりたがりですぐ飽きる。いい年して自己都合で一人暮らしはじめてみました。歯列矯正もはじめました。

使い捨てダスター 快適キッチン

所謂台拭きを、使い捨てにしてみました。

引っ越してからしばらくは普通の台拭き使ってたけど
貧乏性だから替え時をうかがいながら何か月も同じの使い続けて
かといって漂白したり煮沸するのも面倒なので
(一応お湯を沸かしたついでに申し訳程度に熱湯消毒はしてたけど…)
ここ最近は、キッチンペーパーを布巾代わりに使ってました。

けど、さすがに毎日毎日キッチンペーパー使うと消費が早いし
なんかもったいないなーって思ったので、2週間ほど前に使い捨てダスターを購入。

 

先輩方がレビューでも散々書いて下さっているように
よくある飲食店にある台拭き、のようであり、それでいて派手過ぎないw


例によって貧乏性なので、というか私が拭きたい場所って
洗い物したあとの狭いミニキッチンのシンクぐらいのもんなので
半分に切ったサイズでも十分間に合いそう。

で、これを1週間ぐらい使ってから、最後に床とか拭いてから処分する算段。
30枚入りだから、うまくいけば今年いっぱいいける??

 

使ってみての感想、とにかく快適。


まずは期待どおり、吸水性はそれなり。

それでいて水切れも良くて、軽く絞っておくだけで
ハンガーにかけてもボタボタ水滴が落ちてこない!これ重要!

普通の台拭きだと、しっかり洗ってしっかり絞らないと大変なことになるけど
これならそれがすごい楽なので、例えば拭き忘れを発見しても
「あー!!せっかく台拭き洗って絞ったのに!!」ってならない心の余裕。

あと気分的な話ではあるけど、使い捨てる予定が決まってるので
コンロ周りとかも遠慮なく拭けるのが地味に快適。
それも意外とちゃんと落ちるし、
黒くなったダスターも普通に洗えばまあまあきれいになる。

いやー快適。

 


余談ですが、このダスターを購入した数日後、
朝のクソ忙しい時間にミルクティーぶちまけてひどく絶望したあの日。
この使い捨てダスターのおかげで希望の光が見えたのは真面目なお話。


関連記事