そこそこ忙しいけど楽して生きたい

30代独身・脱社畜、ゆるく楽しく生きていきたい。やりたがりですぐ飽きる。いい年して自己都合で一人暮らしはじめてみたり、歯列矯正してみたり。ついでに会社辞めてみたりとか。

視力回復レーシック手術体験談 0.1未満→1.2 キープ中!

そういえば私、レーシック手術受けてます。

受けたのは3、4年ぐらい前、思い出せないぐらい馴染んでたから時々忘れる。

自分が恵まれた状況にあるときって、ほどそれに気付かないんやなって改めて思う。せっかく思い出したんやしこれからも大事にしたい。
※2018年1月 大幅修正、追記

レーシック手術、率直な感想とおすすめ度

レーシックに関しては、ぶっちゃけどうかって聞かれると、私自身はやってよかったと思ってる。
元々の視力は0.1 を切るぐらい、からの、数年経過しても両目1.2キープ中

とはいえ人に勧めるかというと、それなりにリスクもあるし、お金もかかるし、紹介はするけど自分で納得した上で受けてね、としかまだ言えない。
リスクに関しては、ドライアイになる場合や明るいものを見たときにぼやけて見える、とかあるらしいけど、私はいまのところ問題ないので個人的にはデメリットも特にない。

あっ、でももしまた受けるかと言われると怖すぎて2度と受けたくない。
手術中は目だけの部分麻酔なので、何されてるか見えるのが本当に怖かった・・・!

それでも最近は、例えば10人集まって話をすると、そのうち1~2人ぐらいは受けてる人がいる印象。増えてきてますね。

手術を決意したきっかけ

手術を決意したきっかけは、数年使ったハードコンタクトを回収できない場所に落として凹んでたある日。
職場の先輩が、ちょうど先週末にレーシック手術を受けたばかりだったらしく・・・
ほかにもその前後に職場の人が何人か受けて成功した話を聞いて「お前も受けちゃえよ!」の流れで思いきって。

実際に使ってる方ならわかると思うんですが、ハードコンタクトってまあまあ高いのよ!もうかなり昔なのでちょっと記憶が怪しいけど、両目で3万円ぐらいだったかな。しかも最大数年サイクルの消耗品だし、これ一生買い換え続けるなら・・・とか思っちゃう。

これで私の視力が0.5とかならリスクのほうが高いけど、私の0.01以下の視力だとメリットのほうが大きかった上に、親にも一切反対されなかったので(なんなら「早く受ければ良いのに」ぐらい)決意した2週間後ぐらいにはもうすべて完了。人間、勢いも大事!

手術を受けた病院について

手術を受けたのは当時一番有名だったS川クリニック。既に手術を受けた知り合いは、結果的にみんなそこで受けて成功してたから。
で、ここで紹介割引を利用すると、紹介した側が4万円謝礼、された側は5万円引きになるという紹介システムが存在したので私ももちろんありがたく割引金額で。
(最初から割引前提の金額なのでは・・・)とか思っちゃダメwww

余談なんですが「美容クリニックもあるよ!」「友達紹介してね!」等の内容で定期的に案内誌が送られてくるんです。
「レーシック受けたらすべてうまくいく」的な進○ゼミ風マンガが入ってたり、そのマンガのオチが「紹介したらお金がもらえてみんなハッピー!」だったりして、自分もここで受けておいて何なんですが、ちょっと洗脳されてる気分になるので積極的に紹介する気には…なれないw

手術までの流れと当日について

まず申込みをすると、事前検査を必ず受けることになります。それまでコンタクトを使用していた場合は一定期間の日数が空いてることが必要なので注意。
<参考リンク>
予約から手術後まで|レーシック手術で視力回復/品川近視クリニック【公式】

視力検査と希望の視力、角膜の厚みを確認して本当に手術ができるか、いくつかあるうちのどのプランにするのか等々打ち合わせ。
私が選んだのは、30万円ぐらいの(当時)一番高いコース、きっと値段はあってないようなもんやってわかってるけど、自分の身体に対するリスクを天秤にかけたらここでケチっても仕方ない。

ここで「やっぱりやめます」でもOK。ただ基本的には「もちろん受けるよね」というスタンスで進む印象。

そして最短なら翌日手術、1時間ほどで終わって翌日再度来院して検査。それまでは目を使う事務作業は禁止w

私はありがたいことに(?)職場に「先輩」がたくさんいたので、先輩方のというアドバイスに従って
土曜日検査→日曜日(午前)手術→月曜日有休 というスケジュール。
上司が「先輩」だったので「休め休め」ってww

手術自体は本当に流れ作業のように10分ほどで終了、1時間ほど休憩して帰宅。
人によっては手術当日は気分悪くなったりふらふらしたりするみたいだけど、私は手術後すぐに食事できるぐらいには元気でした。

あとは数日間、花粉症みたいな保護メガネかけたりとか、就寝時に触らないようにアイマスクしたりとかしてたような気がする。

便利になったこと

そんなこんなで、ほぼほぼ勢いだけで、かなり人生の中でも大きい一生ものの買い物をしてしまったわけなのですが、それでもコスパはかなり良かったと思う。

具体的にはお風呂、温泉、夜行バスや飛行機やフェリー旅行が捗り過ぎてめっちゃ感動する。
旅行の荷物が少ない!眼鏡ケースもいらない!予備の使い捨てコンタクトもいらない!保存液もいらない!
それからスノボやダイビングとかするときも、追加料金払って度付きゴーグルにしなくて良いのも地味に嬉しい!

元々目が悪いときはコンタクトしてたけど、アレルギーっ子でもあるので2週間レンズも実質10日ぐらいでしんどくなるし
1dayを使い続けるにはお金がかかるし、ハードコンタクトは異物感強くて目やにめっちゃ出るし、眼鏡は似合わないし人の顔は覚えられないし!

そんな苦労をしてたこと、たまには思い出して大事にしよう。
ブルーライトカットの眼鏡を引っ張り出しながら。

その後、免許更新

レーシック手術後の免許更新は、ひとこと申告するだけでアッサリ「眼鏡必要消しときますねー」で終了でした!

追記 手術代の医療費控除について

レーシック手術代は、医療費として確定申告できるので、領収書捨てたらダメ絶対!
翌年に申告してなくても、5年分さかのぼって申告できるので、既に受けててまだの人はぜひ。

私は・・・処分してからあとから知って悲しい・・・

参考記事
p-p.hatenablog.com